【無限増殖】今更ながらヨーグルトメーカーを購入した話【超おススメです!】

原始回帰メソッドの食生活を一言で言うと「低糖質・高たんぱく」す。

ナッツ(クルミやカシューナッツ等)なんかは非常におススメですが、日本で買うと結構値が張ることもあり、沢山食べることは難しいかもしれません。

そこで、毎日手軽に食べられる「低糖質・高たんぱく」食品として提案するのが「ヨーグルト」なんですが、存在は知っていたものの購入してこなかったヨーグルトメーカーを購入しました。

コレ本当に良いです。もっと早く買えばよかった。

ヨーグルトメーカーとは?

ご存知でしょうが(市販の)ヨーグルトをスターター(種菌)として、牛乳を発酵させる家電です。

構造としてはシンプルで、発酵に必要な温度を任意の時間維持してくれます。ただそれだけです。

購入したメーカー

ヨーグルトメーカーのメリット

まず圧倒的に「お得であること」です。種菌を使って牛乳をヨーグルトにすることができます。

具体的に計算すると…

ヨーグルトを買ってくる場合

ヨーグルト400g250円(今自分が気に入っているカスピ海ヨーグルト)を二日で消費すると、一月(30日)250円×15=3750円

ヨーグルトメーカーで作る場合

1Lの牛乳パックで作る場合スターターは100g程度必要です。
つまり(ヨーグルト400g250円(スターター用)+牛乳1L200円×4本)1050円でヨーグルト4kgが作れるわけです!とすると一月の材料費は1575円で済みます!!

更に、上の計算ではスターターは常に市販のヨーグルトの計算ですが、自分で作ったヨーグルトもスターターにできますので、もっとコストは下がります。脅威のコスパ。

ただし、自分で繰り返し発酵させることで紛れ込んだ雑菌等が増える可能性があるので、取り扱いには注意が必要で、もし何かオカシイと思ったら、新しいスターターを買ってきたほうが良いです。

月2000円近く浮きますので、何ヶ月か続けると簡単にヨーグルトメーカー本体代を取り戻せます。何か怪しいネットワークビジネスみたいですけど、これは種も仕掛けも(いや種菌はあるんですが😓)ない、真っ当な方法です。

あと、余計な保存料的なもの入っていないことや、発酵具合を調整できるようになると、お好みの味わいに仕上げることもできます。オーダーメードヨーグルト😅です。

作り方

簡単です。

1 牛乳パックを開封して、(スターター)ヨーグルトを入れる。(牛乳900ml、ヨーグルト100g)※牛乳100mlを減らさないとパックからこぼれます。

2 よくかき混ぜる。ヨーグルトを牛乳に溶け込ませる。

3 以上。あとはヨーグルトメーカーで発酵(カスピ海ヨーグルトは低温発酵で27度で9時間が標準です。)

注意点としては、雑菌対策を念入りに。牛乳パック開封時やヨーグルト投入時に内側を手で触らないよう。また攪拌等に使う棒等は予め熱湯消毒が必要です。

あと、自分の部屋が寒すぎるせいか規定時間で固まらないことがありましたが、追加発酵(保温)することで固まりました。

おススメヨーグルトメーカー

機能が激シンプルですので、高くなくても良いと思いますが、安すぎるやつはタイマーが付いていない(電源自分で切らない限りずっと保温)のでさすがに不便です。

自分が買ったのはコレ。無難なやつで人気も高いです。コダワリがなけれなコレ一択ではないでしょうか?

あと、少し興味があったのはコレ。

デザインがスタイリッシュ!そして容量が2Lとかなりのものです。(牛乳パックではなく専用ケースで発酵させるタイプ)

韓国メーカーで補償とか壊れたパーツ取り寄せとかどうなんだろう?と思って見送りましたが、惹かれるものはありました。

毎日のちょっとの手間を厭わない方は即刻購入すべし!