NIKEズームライバルフライ2にちょい足ししたら最強のシューズに!?

世間は「あの凄い厚底(アルファフライやヴェイパーフライやミズノの本気のやつとか)」シューズで大騒ぎしてますが、あんなの買うお金はないので、ひっそりとナイキのセールでお買い得ランニングシューズを買いました😅

ナイキ ズーム ライバル フライ2」です。

【公式】ナイキ ズーム ライバル フライ2

定価でも「コスパが良い」と言われていたシューズですが、ナイキの公式サイトのセールで更にお得に買えました。

ちょっと型落ち(というほど古くないですが)感もあるのか、公式以外でもかなり割引価格で販売されてます。

外観

もう「今時のナイキ感」全開です😆

箱と
前から
後ろから
底から

外観は個人の好み以外の何物でもありませんが、

大きなスウッシュ。

アッパーはメッシュ時々合皮。

内側と外側で全然違うカラーリング。

シンプル&ビビッドな色使い。

反り返ったヒール部分。

など、個人的に最近のナイキらしいなぁ😀と思いましたよ。

履いた感じ

良い(笑)😁

まず、ソコソコ軽量です。28cmで片足210g位。勿論軽量性に特化したシューズは一杯ありますが、ランシューの一般的な感覚として軽い部類と言えます。

ソールは硬めです。ズームエアがクッション云々という説明が公式にありますが、個人的にナイキの公式フィーリング説明は当てにならん😅

比較対象次第で評価は変わるでしょうが、例えばナイキフライニット(REACTフォーム採用)に比べると、絶対硬めです。当たり前ともいえますが。

ナイキは昨今「厚底・鬼クッション」が代名詞ですけど、このモデルはそういう期待をすると裏切られます😫

ミッドソールも柔らかすぎない、アウトソールもゴム感弱めプラスチック感強めの素材です。

念のためですが、シューズはクッション性=絶対正義ではありません。素早い脚回しなんかは変にクッションがない方が良いですし、走る場所がフカフカならばシューズのクッション性が邪魔(過剰)だったりもします。

も一つ言うと、アッパーのホールド感は凄く良いです。

多分足型が日本人向け(幅広目)なんで、普段ナイキはワンサイズ上なんですが、これはジャストサイズで大丈夫でした(自分はいわゆる3Eとか足幅広めの人間です)。

また、フライニットほど伸び縮みするアッパー素材ではありませんが、柔らか目で包み込むようなホールド感です。

作りもしっかりしてますし、ソールも耐久性がありそうなので、結構ヘビーに走り込みに使えるのでは!

シューレースがまっすぐでなく、斜めになっているのもランシューとしては珍しいですね。

ちょい足しレシピ!?

料理みたいですが😅

さて、ライバルフライ2は、このままでも十分使えるシューズです。

ただ、少し硬めであることは否めず、自分のような体重重めで脚もあんまし鍛え抜かれてない😴人間がアスファルト等硬い地面を長時間走るにはちょっとキツイ感じもします

そんなときはちょい足しです。

そう、インソール

初期装備のインソールは薄い発泡ゴムのような素材で滑らないですがクッション性はほぼゼロ。

ここをクッション性のあるものに変えるだけで全然味付けが変わりますよ!

インソールもピンキリですが(高いやつは持っていないので知りません。多分良いのだと思いますが…フォームを矯正するようなけが防止効果を持つものもあるとか。)

個人的に史上最も気に入っているのが↑のインソールです。

なんと売っているのは「ダイソー」。

そう、ダイソーなので110円です。

まじか?

なぜこのインソールが良いのか?

インソールも色々です。

高級インソールは分かりませんが、安いインソールは山ほど試してきた自分がおすすめするのが、そう。

↑なのです。

ちなみに裏側はこんな感じでハニカムな穴が開いており、軽量かつ通気性もあります。

ハニカム度合いが左右バラバラなのはご愛敬としてゆるしましょう。

で、このインソールは素材がEVA。いわゆるランシューのミッドソールに使われる素材なんですが、中々クッション性と弾力性がある素材でできてます。お店でグニグニ触ってみてください。

薄すぎず厚すぎず。中々絶妙なバランスですよ。

インソールの中には「低反発」素材の物もあるのですが、これだと反発しないので沈みこんでしまいます。ゆっくり歩くには良くても、ランニングとの相性はいまいちですのでご注意を。

このインソールを入れると、硬いライバルフライ2とクッション性のあるインソールの相性が抜群!!

個人的には「コレコレ!」と感じる絶妙な最強バランスのシューズの出来上がりです。

本体もお手頃で、ちょい足しコストも高くありませんし、ぜひお試しあれ!😉